Illustrator Tips
4色のカラー印刷より難しい特色印刷のデータ作成。「特色印刷、ルーペで見たら、4色カラー」なんてこともあるようです。

特色を使ったデザインの画像をつくる

CATEGORY : 特色データ作成 | UPDATE : 2008.10.08

特色を使う・フォトショップ編

特色印刷の場合、画像はカラーのまま使えません。2色印刷なら、CMYKモードのチャンネルを分割し、その中の2版を使用する「2色分解(ツインカラー)」と、いったんグレースケールに変換して濃度調整した2版を作成し、それぞれの特色で印刷する「ダブルトーン」の方法があります。いずれも画像や特色にあわせた「トーンカーブ」の調整など、プロの製版者でも難しい専門的な知識が必要とします。
ここでは、出力・印刷用のデータではなく、デザインカンプに使用する簡易的な作成方法を紹介しています。

PhotoShop5.5を使用(古い!!)

1 - 2色分解のカンプ用画像を作成する

CMYKのカラー画像を、2色分解でDIC43の青とDIC304の茶で設定した画像が上から2番目。
?「チャンネルパレット>チャンネルの分割」で4版のグレー画像に分割。C版をDIC43、M版をDIC304に割り当てます。
Y版をC版へ「ペースト→乗算」で不透明度を10〜30%で調整。
K版をM版へ「ペースト→乗算」したら、M版は顔の部分が濃いのでM版の濃度を調整します。
※未使用のY版とK版を白で塗りつぶし、再びチャンネルを統合すれば出力用のデータになりますが、この辺はプロに頼んだ方が無難です。
?カンプ用の画像は、C版、M版ともレイヤーを統合、ダブルトーンオプションでそれぞれの色に設定し、「イメージ>モード>RGB」に変更、2版をいずれか一方に「コピー・ペースト→乗算」で完成です。

2 - ダブルトーンのカンプ用画像を作成する

CMYKのカラー画像を、DIC43の青とDIC304の茶のダブルトーンに設定した画像が上から3番目。
?画像を「イメージ>モード>グレーモード」に変換し、「ダブルトーンオプション>種類・ダブルトーン(2版)」でそれぞれのDICカラーを選択すれば完成です。
※出力用のデータはグレーモードの画像を再びCMYKモードに変換し、使用するチャンネルのトーンカーブを調整、未使用版を白にしてチャンネルを統合すれば完成します。
HOME特色データ作成特色を使ったデザインの画像をつくる