デザイナーのためのAdobe Illustratorの基本操作と使い方

ADOBE ILLUSTRATOR CS3 for MAC ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2000.1.1

HOMEWordPressのツボadphicContact-Mail

知っておきたい操作の基本
AD LINK
Fotolia
500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
CATEGORY : 知っておきたい操作の基本 | UPDATE : 2011.03.09

【制御文字を表示】
テキストの設定を視覚化した特殊文字

通常は使用する方も少ないので、誤ったショートカットでいきなり表示されると慌ててしまう方も少なくないようです。これはテキストの設定を視覚化した「制御文字」で、出力・印刷されることはありません。
メニューバーの書式→制御文字を表示の選択によって表示し、制御文字の色はレイヤーカラーが適用されます。

【表示される制御文字】

  1. ハードリターン(改行):returnキーによる改行を表示します。段落スタイルが定義されていない場合は通常の改行ですが、段落スタイルが定義されると「段落終了」として適用されます。
  2. ソフトリターン(改行):shift+returnキーによる改行を表示します。段落スタイルが定義されていない場合は通常の改行ですが、段落スタイルが定義されると「強制改行」として適用されます。
  3. タブ:ウインドウ→書式→タブの設定を表示します。
  4. 半角スペース:英数入力時のspaceキー1個分を表示します。
  5. 全角スペース:かな入力時のspaceキー1個分を表示します。
  6. テキスト終端:テキストの終了を表示します。CS3 はハードリターンと同じ特殊文字ですが、バージョンにより「∞」が表示されます。

この他 Illustrator ヘルブには、ハードスペース(分離禁止スペース)、任意ハイフン文字があるということでしたが、うまく表示できず解説もできそうにないので省略いたしました。