デザイナーのためのAdobe Illustratorの基本操作と使い方

ADOBE ILLUSTRATOR CS3 for MAC ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2000.1.1

HOMEWordPressのツボadphicContact-Mail

オブジェクト
AD LINK
Fotolia
500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
CATEGORY : 知っておきたい操作の基本 | UPDATE : 2011.03.10

【パスのオフセット】
グループ化しないパスのオフセット

たぶん Illustrator CS2 と CS3 だけだったと思いますが、メニューバーのオブジェクト→パス→パスのオフセットでパスを複製すると、元のパスと複製されたパスがグループ化され、複雑なパスは個別に選択するのが難しくなります。

プラス値のパスはパスファインダパレットの形状モード→形状エリアに追加で合体させてしまえば問題ないが、マイナス値はこの方法が使えませんので、効果メニューの「パスのオフセット」とオブジェクトメニューの「アピアランスの分割」を組み合わせてパスの複製をつくります。

【効果メニューを使った、個別に選択できるオフセットパスの生成】

  1. 元のパスをコピー→オフセット値がプラスの場合は背面へペースト・マイナス値の場合は前面へペースト。
  2. パスを選択状態で、メニューバーの効果→パス→パスのオフセットパレットでオフセット値を入力、角の形状:マイター/ラウンド/ベベルを選択、角の比率値を入力→OKをクリック。
  3. パスを選択状態で、メニューバーの効果→オブジェクト→アピアランスを分割でオフセットパスを作成。

オブジェクトや効果メニューのパスのオフセット、アピアランスパレットなど同じような結果が得られる機能が増えたための仕様変更と考えられるが、マニュアルに明記するなどの親切さは欲しい。CS4 からは複製されたパスのみが選択されるように戻ったようです。