CMSブログソフトWordPressの基本操作と使い方
WordPress3.0.4 ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2008.10.15

HOMEIllustratorのツボadphicContact-Mail

CONTENTS
ちょっと便利な使い方
  • 複数のループとoffsetの非表示機能で、デザインのバリエーションを広げる
  • RSS配信を利用して、外部サイトの最新更新情報の一覧を表示する
  • トップページにquery_postsで、表示条件を指定して投稿記事の一覧を表示する
  • query_postsで、カテゴリーとシングルページでカテゴリ別記事一覧を表示する
  • 使用するテンプレートをincludeのテンプレートタグで、強制的に指定する
  • AD LINK
    Fotolia
    500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
    TIPS
    CATEGORY : ちょっと便利な使い方 | UPDATE : 2010.12.27

    トップページに
    query_postsで、表示条件を指定して
    投稿記事の一覧を表示する

    トップページに表示している「最近の更新情報10件」のテンプレート使用例です。同一サイト内なら query_posts でループを制御し、様々な条件で簡単に表示できます。

    STEP.1

    query_postsのパラメータで表示条件を指定する

    最新の記事10件分の、リンク付きタイトルと公開日時を表示する場合は、下記のテンプレートタグをそのままコピーして貼付けてください。

    TEMPLATE-TAG<テンプレートタグ>
    最新更新情報10件を表示するテンプレートタグ
    <?php query_posts(cat=-1,-2,-3&order=DESC&showposts=10'); ?>
    <?php if(have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?>
    <ul><li>
    <a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title() ?> : <?php the_time('y.m.d'); ?></a>
    </li></ul>
    <?php endwhile; endif; ?>

    ※リストの表示スタイルは CSS で設定してください。

    INDEX