CMSブログソフトWordPressの基本操作と使い方
WordPress3.0.4 ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2008.10.15

HOMEIllustratorのツボadphicContact-Mail

CONTENTS
ページ作成と構成用タグ
AD LINK
Fotolia
500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
TIPS
CATEGORY : ページ作成と構成用タグ | UPDATE : 2010.12.20

if関数で条件を分岐し
特定ページだけに記事・情報を表示

条件分岐を使えば、同じPHPテンプレート内で特定の記事やカテゴリーに、表示するテキストやループの適応をコントロールできます。
トップページだけ広告を表示する。カテゴリーによってタイトルを変える。ページデザインの一部を変更するなどが、簡単に実行できます。

TEMPLATE-TAG<テンプレートタグ>
条件を調べて処理します
条件分岐
<?php if(関数): ?>

<!—- テキスト・ループなどのテンプレートタグを挿入 —->

<?php endif; ?>
FUNCTION<関数書式>

※通常使用しているの一部のみ掲載しています。

PARAMETER<パラメータ>
  1. post : 記事のID、タイトル、スラッグを指定
  2. page : ページ記事のID、タイトル、スラッグを指定
  3. category : カテゴリーのID、タイトル、スラッグを指定
    ※A、B、C は複数の指定ができます。
  4. category_id : カテゴリーのIDを指定
TEMPLATE-TAG EXAMPLE<記述例>
<?php if(in_category('1')): ?>
【こんにちは】
<?php elseif(in_category('2')): ?>
【さようなら】
<?php endif; ?>

<?php if(in_category(3)): ?>
【カテゴリー3です】

<?php else: ?>
【カテゴリー未分類】
<?php endif; ?>

EXAMPLE RESULT<記述例の結果>
※カテゴリー1に属する記事を表示しているときは
【こんにちは】

※カテゴリー2に属する記事を表示しているときは
【さようなら】

※上の記述例ではその他のカテゴリーは何も表示されません。

※カテゴリー3に属する記事を表示しているときは
【カテゴリー3です】

※カテゴリー3以外の記事を表示しているときは
【カテゴリー未分類】

※下の記述例ではすべてのカテゴリーでいずれか表示されます。

記事やカテゴリーIDを複数指定する場合は(array)を使って(,)で区切って記述します。

TEMPLATE-TAG EXAMPLE<記述例>
<?php if(in_category(array('1','2','3'))): ?>
こんにちは!
<?php endif; ?>

※カテゴリー1と2と3に属する記事だけ「こんにちは!」を表示します。

INDEX