CMSブログソフトWordPressの基本操作と使い方
WordPress3.0.4 ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2008.10.15

HOMEIllustratorのツボadphicContact-Mail

CONTENTS
インストールと設定・管理
AD LINK
Fotolia
500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
TIPS
CATEGORY : インストールと設定・管理 | UPDATE : 2010.12.26

WordPress 3.0.3を、
さくらインターネットのサーバに
インストールする

WordPressのインストールを紹介したサイトはたくさんあるので、いくつか検索して分かりやすいサイトを手本にすれば、ほとんど困ることはない。ここでは私自身がレンタルしている「さくらインターネット」のサーバを例に紹介します。

STEP.1

サーバの準備とWordPressのダウンロード

WordPress3.0.3の動作にはMySQL4.1.2以上、PHP4.3以上のデータベースが必要になります。データベースを準備したら、データベースへのパスワードとデータベースのサーバアドレスは、WPのインストールに必要なのでメモしてください。

STEP.2

wp-config-sample.phpの書き換え

WordPressフォルダのファイルの中から、wp-config-sample.php をテキストファイルで開き、サーバー情報に書き換えてから、wp-config.phpのファイル名で同一の階層に別名保存します。

STEP.3

ディレクトリとフォルダ名を決めてから、FTPサーバへアップ

  1. トップページからWordPressで構築する場合は、wordpress3.0.3フォルダ内のファイルとフォルダを、FTPサーバのルート直下にアップロードします。
  2. http://www.adphic.jp/wp/ のようにサブ・ディレクトリで構築する場合は、フォルダ名を(wp)に書き換えて、フォルダごとアップロードします。
  3. 例えば http://www.adphic.jp/ と http://www.adphic.jp/wp/ の二つのサイトを別々のWordPressで構築する場合は(1)のアップ後、(2)をアップロードします。その場合wp-config.phpの「データベーステーブルの接頭辞」は(1)と異なる接頭辞にする必要があります。
  4. ディレクトリとフォルダ名を決めたら、FTPソフトを使ってアップロードを開始。環境により5分から10分程度で完了するはずです。
  5. アップロード後、アドレスに /wp-admin/install.php を加えたアドレスでアクセス。必要事項を入力し[WordPressをインストール]をクリックすればインストール完了です。なお、ユーザー名とパスワードは、ログインに必要なので必ずメモしてください。

STEP.4

インストール出来ないときはwp-config.phpをチェック

INDEX