CMSブログソフトWordPressの基本操作と使い方
WordPress3.0.4 ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2008.10.15

HOMEIllustratorのツボadphicContact-Mail

CONTENTS
インストールと設定・管理
AD LINK
Fotolia
500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
TIPS
CATEGORY : インストールと設定・管理 | UPDATE : 2011.01.10

パーマリンク設定でアドレスを
カテゴリー名/postname/に変更する

デフォルトではアドレスが http://www.adphic.jp/wp/?p=123 のように表示される。企業のホームページは、パーマリンク設定を変更してアドレスで記事の内容が分かるようにしています。

STEP.1

WP管理画面のパーマリンク設定→カスタム構造で変更

パーマリンク設定はデフォルト以外に「日付と投稿名」「月と投稿名」「数字ベース」が用意されています。いずれかを選択すると自動的に構成タグが書き込まれ、「変更を保存」で更新するとWordPressをアップロードしたFTPサーバーの同じ階層に「.htaccess」ファイルが自動で作成されます。
.htaccessファイルが作成されない場合は、ファィルの変更や作成が要求されますので、下のサイトを参考に手動で作成してください。

WordPressのツボは「カテゴリー/ポストネーム」のアドレスで表示していますので「カスタム構造」に「/%category%/%postname%/」の構成タグを手動で書き込み、変更しています。
正常に更新されると、記事の投稿編集画面に「パーマリンク」が表示され、アドレスが自動的に作成されます。アドレスの変更は「編集」で行います。

STEP.2

設定変更後、正常にブラウザ表示されない場合の対処法

サイトが下のように表示される場合は、パーマリンクの変更でリンクアドレスが変わり、PHP ファィルが CSS ファイルや画像に、アクセスできないのが原因と考えられます。

CSSファィルが読み込みがされていない場合
PHPテンプレート上部の <head>〜</head> のCSSリンクアドレスを下記のいずれかに変更します。

TEMPLATE-TAG<テンプレートタグ>
ブログ情報からCSSファィルを読み込む
head内に記述
<link rel="stylesheet" href="<?php bloginfo('stylesheet_url'); ?>" type="text/css" />
TEMPLATE-TAG<テンプレートタグ>
CSSファイルをフルパスで読み込む
head内に記述
<link rel="stylesheet" href="http://www.(CCSファィルのアドレスをフルパスで入力)/style.css" type="text/css" />

※いずれも画面表示とプリント用CSSファイルが同じ場合の設定です。

画像が表示されない場合
PHPテンプレートの、画像へのアクセス URL を変更します。img src=”wp-content/uploads/画像ファィル名” になっている場合は、http://www.からのフルパスに変更してください。

注意 : パーマリンクの構造を変更すると、テンプレートや相互リンク先のアドレスなど多くの修正が発生しますので、インストール直後に変更してください。

INDEX