CMSブログソフトWordPressの基本操作と使い方
WordPress3.0.4 ADPHIC Co,.Ltd. SINCE.2008.10.15

HOMEIllustratorのツボadphicContact-Mail

CONTENTS
インストールと設定・管理
AD LINK
Fotolia
500万点以上のロイヤリティフリー画像が、なんと100円から使えるイメージバンク。印刷レベルの写真でも500円。ちょっと素材が必要なときに便利です。
TIPS
CATEGORY : インストールと設定・管理 | UPDATE : 2010.12.15

テーマファイルの変更と
テンプレートのオリジナル作成

WordPressサイトが表示に必要なファイルは、CSSスタイルシートとPHPテンプレートの2種類で「テーマファィル」としてサイトのデザインを管理します。WP3.0.3には標準で「twentyten」のテーマが用意されています。また、フリーのテーマファィルも数多く提供されているので、好みにあったデザインに変更することも簡単にできます。

STEP.1

テーマのインストールと変更手順

フリーのテーマはWordPressの管理画面から検索・インストールできる。管理画面→外観→テーマ→テーマのインストールで好みのテーマが見つかったら、自動アップロードでテーマフォルダに追加してくれます。

手動の場合は、FTPサーバのWPフォルダ→wp-content→themesへフォルダごとアップロード。
アップロード後、WPの管理画面→外観→テーマへアクセスして、インストールしたテーマが「利用可能なテーマ」に登録されていますので、テーマをクリックしてプレビューで確認、プレビュー右上の「”(テーマ名)”を有効化」で変更されます。

STEP.2

オリジナルのテーマファィルを作成する

テーマに最低限必要なファィルは、style.css、index.php、screenshot.png の3ファィルです。いずれも基本的な情報だけを記述しておけば WordPress がテーマファィルとして認識しますので、後はWPの管理画面→外観→テーマ編集で加筆・修正を行います。

style.css:WordPressのツボなら、style.cssに必要な記述は下記のようになります。テキストエディタで制作者の情報に書き換え、style.css のファィル名で保存します。

CSS-FILE<CSSファイル>
style.css
ファイルトップへの記述文
/*
Theme Name: WP-tsubo /*++テーマの名前++*/
Theme URI: http://www.adphic.jp/ /*++テーマの配布先++*/
Description: adphic-WP-tsubo /*++テーマの概要++*/
Author: adphic /*++テーマの制作者++*/
*/

index.php:index.phpのファィル名なら白紙でも認識しますが、HTMLファイルとして必要な記述をしておきます。

INDEX.PHP-FILE<index.phpファイル>
index.php
ファイルトップへの記述文
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN”"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml”>
<head>
<!– メタ情報を入れます –>
<link rel=”stylesheet” href=”<?php bloginfo(‘stylesheet_url’); ?>” type=”text/css” />
<!– RSS、Atom、pingbackのlink情報を入れます –>
<?php wp_head(); ?>
</head>
<body>
<!– インストール後PHP・HTMLタグを書き入れます。–>
</body>
</html>


screenshot.png:WPのテーマ選択画面で表示される画像で、好きな画像を横300pix、縦225pixで用意します。ファィル形式はpng、jpg、gifを問いません。

以上3つのファィルを、任意のテーマ名を付けたフォルダにまとめ、wp-content/themesフォルダ内にアップロードします。
WPの管理画面→外観→テーマの管理へアクセスして、登録されていれば成功です。

INDEX